ZMF(ZAP SPEED MAINTENANCE FACTORY)は、F4マシン、S-FJマシンの製造販売、フォーミュラカーのレンタル&メンテナンス、S-GTヘのメカニック派遣などを行っております。

RESULTS

2010 S-FJ 日本一決定戦結果


Aグループ予選では岡山チャンピオンの平川選手がポールポジションを獲得。平川選手と同じFCJ参加者の白石選手が続く。SFJもてぎシリーズ2位の佐伯選手が3番手、SFJ筑波シリーズチャンピオンの山部選手が4番手。
第1レグでも上位6名は変わらなかった。しかし、ファイナルを意識してペース調整していた訳では当然無く、TOPの平川選手がコースレコードをマーク。後続の選手はついて行くのがやっとという感じだった。

Bグループの予選はもてぎチャンピオンの田仲選手がポールポジション、2番手には鈴鹿チャンピオンの中野選手、3番手には元F3000ドライバーの中嶋選手、4番手にはFCJの元島選手が続いた。Bグループ第1レグで中野選手が優勝、中嶋選手、田仲選手、元嶋選手と続く。

ファイナルでは序盤平川選手に中野選手が迫るも徐々に離され中盤以降差が縮まる事が無かった。二台の後方は更に差が広がり白石選手、中嶋選手がゴール。5番手には敗者復活戦から這い上がってきた中島祐弥選手が入り、6番手は九州の王者吉田選手が続いた。

結果的には平川選手が危なげなく全てのセッションで速さを見せ、予選、レグ1、ファイナルと全てトップを走り続けコースレコードのおまけ付きという圧勝であった。過去の日本一決定戦でもここまでパーフェクトに王座についたのは見た事が無い。

2010 S-FJ 日本一決定戦 ツインリンクもてぎ

S-FJ【A Gr】予選結果表 2010.12.19(8:15~) Fine/Dry
1 48 平川亮 クラリオンRSセリザワ RD10V 2.02.774
2 74 白石勇樹 ボニートKK-S.エーワン KK-S 2.03.111
3 5 佐伯和洋 ZAP関口カーズRD10VED RD10V 2.03.660
4 83 山部貴則 TKroomウインズED尾川 KK-S 2.03.858
5 47 松井宏太 リールトレジャーワンKK-S KK-S 2.04.009
6 10 加藤智 インターサポート10VTODA RD10V 2.04.176
7 30 藤本拓也 ZAP-隼R・NAC07JED RD10V 2.04.518
8 33 吉田宣弘 タツミレーシングDAYTONA KK-S 2.04.900
9 71 大賀裕介 PLANEXteamNaoki RD10V 2.05.107
10 6 松下信治 レヴ・レーシングWEST WEST11J 2.05.692
※上位10台抜粋

S-FJ【A Gr】第1レグ結果表 6Laps 2010.12.19(10:23~) Fine/Dry
1 48 平川亮 クラリオンRSセリザワ RD10V 12.21.269
2 74 白石勇樹 ボニートKK-S.エーワン KK-S 12.30.693
3 5 佐伯和洋 ZAP関口カーズRD10VED RD10V 12.30.698
4 83 山部貴則 TKroomウインズED尾川 KK-S 12.33.341
5 47 松井宏太 リールトレジャーワンKK-S KK-S 12.37.215
6 10 加藤智 インターサポート10VTODA RD10V 12.37.427
7 71 大賀裕介 PLANEXteamNaoki RD10V 12.38.119
8 33 吉田宣弘 タツミレーシングDAYTONA KK-S 12.39.317
9 6 松下信治 レヴ・レーシングWEST WEST11J 12.47.650
10 13 高星明誠 ZAPSPEED07JED WEST07J 12.48.861
以上ファイナル進出車両
BL #48 平川亮 クラリオンRSセリザワR 2.01.9556/6141.73km/h
Rマークの車は、コースレコードを更新しました。
従来のレコードタイムは2.02.590

S-FJ【B Gr】予選結果表 2010.12.19(8:45~) Fine/Dry
1 66 田仲拓也 筑波進研アクアクララ森川ゴム RD10V 2.02.671
2 43 中野貴功 テイクファーストRD10V戸田 RD10V 2.02.704
3 0 中嶋修 LEYJUN RD10V 2.02.892
4 12 元嶋佑弥 INOKI/LIAN/KK-S KK-S 2.03.181
5 22 蒲生真哉 EUROOILギディアップ関口 RD10V 2.03.469
6 46 神子島みか リールレーシングKK-S KK-S 2.03.580
7 70 伴貴広 PLANEXteamNaoki RD10V 2.03.612
8 77 DRAGON B-MAX・RD10V RD10V 2.04.058
9 17 小瀬翔也 N&N島沢自動車KK-S KK-S 2.04.176
10 38 中島佑弥 エクシードハナシマ10V RD10V 2.04.186
※上位10台抜粋

S-FJ【B Gr】第1レグ結果表 6Laps 2010.12.19(11:09~) Fine/Dry
1 43 中野貴功 テイクファーストRD10V戸田 RD10V 12.24.970
2 0 中嶋修 LEYJUN RD10V 12.26.155
3 66 田仲拓也 筑波進研アクアクララ森川ゴム RD10V 12.28.377
4 12 元嶋佑弥 INOKI/LIAN/KK-S KK-S 12.28.460
5 22 蒲生真哉 EUROOILギディアップ関口 RD10V 12.32.277
6 70 伴貴広 PLANEXteamNaoki RD10V 12.33.314
7 9 安田裕介 FJAスカラシップ10V戸田 RD10V 12.36.429
8 77 DRAGON B-MAX・RD10V RD10V 12.40.791
9 21 太田浩 イワヰ・ミスト・関口・制動屋 KK-S 12.45.360
10 26 小野真 ZAPらーばん07JED WEST07J 12.45.843
以上 ファイナル進出車両
BL #66 田仲拓也 筑波進研アクアクララ森川ゴム2.02.4675/6141.14km/h

S-FJ敗者復活結果表 5Laps 2010.12.19(12:39~)Fine/Dry
1 17 小瀬翔也 N&N島沢自動車KK-S KK-S 10.32.576
2 7 中山雅佳 ZAPHITACHI07J WEST07J 10.36.763
3 38 中島佑弥 エクシードハナシマ10V RD10V 10.38.435
4 46 神子島みか リールレーシングKK-S KK-S 10.39.845
5 1 湯澤翔平 ZAP.S-city10VED RD10V 10.44.613
6 37 田中正隆 アルビRTビヨンドEDKK-S KK-S 10.45.164
7 82 倉富秀索 ターザニアウィンズトタルKKS KK-S 10.48.297
8 95 岸良一 DLP☆タツミ07☆風児&紗加 WEST07J 10.53.591
9 16 神戸良太 マーキュリー☆ZAP WEST07J 10.53.680
10 3 西川龍太郎 Gヨシダ☆タツミレーシング KK-S 10.54.362
以上ファイナル進出車両
BL #46 神子島みか リールレーシング KK-S2.03.7085/5139.72km/h

S-FJファイナル正式結果表 10Laps2010.12.19(14:49~)Fine/Dry
1 48 平川亮 クラリオンRSセリザワ RD10V 24.43.389
2 43 中野貴功 テイクファーストRD10V戸田 RD10V 24.46.090
3 74 白石勇樹 ボニートKK-S.エーワン KK-S 24.54.293
4 0 中嶋修 LEYJUNRD10V 24.56.813
5 38 中島佑弥 エクシードハナシマ10V RD10V 25.07.224
6 33 吉田宣弘 タツミレーシングDAYTONA KK-S 25.08.085
7 77 DRAGON B-MAX・RD10VRD10V 25.09.410
8 17 小瀬翔也 N&N島沢自動車KK-S KK-S 25.09.754
9 46 神子島みか リールレーシングKK-S KK-S 25.09.933
10 6 松下信治 レヴ・レーシングWEST WEST07J 25.10.519
BL #48 平川 亮 クラリオンRSセリザワ2.02.1259/10141.54km/h
※2コーナー付近の停止車両回収のため、1周回終了時から3周回セーフティーカーを導入した。
※上位10台抜粋

2010 F4 日本一決定戦結果

金曜日、いや土曜日の最終セッションまではいつもの通り、ZAP F108の土屋選手とR&D西本選手がトップタイムを削りあい、それにMC090の吉田選手が続く展開だった。
ところが土曜日の最終セッションに大多数のマシンがNewタイヤを入れて予選を想定してアタックをかけた時に、突如吉田選手が2番手以降の全車に1秒以上の大差を付ける好タイムを記録。
翌日も吉田選手ただ一人が1秒3の大差でポールポジションを獲得。決勝でも毎ラップ1秒以上の大差をつけて巡航する吉田選手に為す術が無く、全くレースにならなかった。
服部晃輔選手がアルミモノコック1850ccながらWEST勢トップの6位入賞。このレースが4輪デビューの高校生、武平良介選手が9位となった。

2010 F4 日本一決定戦 ツインリンクもてぎ

F4予選結果表 2010.12.19(9:15~)Fine/Dry
1 70 吉田広樹 PLANEXteamNaoki MC090 1.52.218
2 10 西本直樹 東京R&D10W戸田アジル RD10W 1.53.565
3 14 土屋祐輔 LiaisonZAPF108 ZAPF108 1.53.918
4 77 花岡翔太 B-MAX・RD10W RD10W 1.53.986
5 12 松本武士 MAXRACING/MYST MYSTKK-ZS 1.54.376
6 99 西村和則 XSスターチCMS006A&K WEST006 1.54.692
7 8 服部晃輔 GOLDONZAP006 WEST006 1.54.740
8 3 武平良介 ホビーワンZAP006 WEST006 1.55.020
9 72 金井亮忠 チームNATS・正義056 WEST056 1.55.101
10 22 木畑克俊 ユーロMJSSギディ WEST096 1.55.197
※上位10台抜粋

F4セミファイナル結果表8Laps2010.12.19(11:54~)Fine/Dry
1 70 吉田広樹 PLANEXteamNaoki MC090 15.21.149
2 10 西本直樹 東京R&D10W戸田アジル RD10W 15.23.882
3 14 土屋祐輔 LiaisonZAPF108 ZAPF108 15.24.310
4 77 花岡翔太 B-MAX・RD10W RD10W 15.25.385
5 12 松本武士 MAXRACING/MYST MYSTKK-ZS 15.28.434
6 8 服部晃輔 GOLDONZAP006 WEST006 15.32.169
7 3 武平良介 ホビーワンZAP006 WEST006 15.32.707
8 99 西村和則 XSスターチCMS006A&K WEST006 15.33.431
9 56 川村和希 プロジェクトKK戸田PFC WEST976 15.36.630
10 2 山口大陸 TAIROKUガレージ茶畑 ZAPF108 15.40.166
※上位10台抜粋
BL #70 吉田 広樹PLANEXteamNaoki1.53.3334/8152.51km/h

F4ファイナル正式結果表11Laps2010.12.19(13:44~)Fine/Dry
1 70 吉田広樹 PLANEXteamNaoki MC090 21.04.475
2 10 西本直樹 東京R&D10W戸田アジル RD10W 21.14.485
3 12 松本武士 MAXRACING/MYST MYSTKK-ZS 21.19.289
4 14 土屋祐輔 LiaisonZAPF108 ZAPF108 21.21.972
5 77 花岡翔太 B-MAX・RD10W RD10W 21.24.170
6 8 服部晃輔 GOLDONZAP006 WEST006 21.26.314
7 56 川村和希 プロジェクトKK戸田PFC WEST976 21.27.340
8 99 西村和則 XSスターチCMS006A&K WEST006 21.28.219
9 3 武平良介 ホビーワンZAP006 WEST006 21.30.222
10 17 近藤翼 Maruso☆KEiBA056 WEST056 21.35.685
※上位10台抜粋
BL #70 吉田 広樹PLANEXteamNaoki1.53.9525/11151.69km/h


ZAP F108初黒星。2位に終わる。

予選はセクター1,2供にベストの周のセクター3で大きくタイム差のある車両に引っかかってしまいクリアラップを取れず、0.1秒程の差で2位となった。

決勝では序盤からスリップストリームを使い1コーナーでインを突くも、Topの西本選手とラインが交錯しフロントノーズを痛めてしまう。フロントウィングステーが曲がったことによって右側タイヤの真ん中あたりに翼端版があり、ドラッグが増したのか?その後のストレートでは完全に並ぶのが難しい状態になった。更に高速コーナーでもバランスが悪く100Rでトップの西本選手に遅れ、3位の吉田選手に詰め寄られ、Bコーナーからネッツコーナー迄に差を帳消しにして、最終コーナーでまた離れるというラップが続いた。

そんな状況でもファステストラップを記録して、遂に1コーナーでトップ西本選手のインを刺す。トップ浮上もつかの間、直後のコカコーラコーナーで並ばれ100R進入で前に出られる。
その後は再び並びかける隙を与えられず、西本選手がTOPでチェッカーを受ける。

3位でゴールした吉田選手のマシンの重量が足りず失格となり、2009年西日本シリーズチャンピオン、日本一決定戦優勝者の花岡選手が3位となった。
ZAP F108はデビュー以来初黒星。2位に終わった。

2010年 JAF Grand Prix 国土交通大臣杯 F4コンストラクター日本一決定戦

決勝正式結果 2010.11.14 Cloudy/Dry
1 10 西本 直樹 東京R&Dlow 戸田アジル RD10W 18.54.921
2 14 土屋 祐輔 Liaison ZAPF108 ZAPF108 18.56.032
3 26 花岡 翔太 team MITA EAGLE WEST006 19.03.722
4 51 加藤 正将 T-MANオイルMARS006 WEST006 19.21.458
5 27 柴田 隆之介 チーム三重SUZUKA★AST WEST006 19.27.405
6 83 秋山 健也 ウィンズTMC006 WEST006 19.34.051
7 27 山本 すばる MAXミスト高宮商事KK-ZS KK-ZS 19.35.261
8 56 川村 和希 プロジェクトKKマースPFC WEST976 19.35.961
9 4 佐々木 祐一 仙台LDG☆DayDream WEST006 19.41.026
10 99 渡辺 義人 エクシズレーシング006 WEST006 19.41.692
Entry:25 Start:22 Finish:17(上位10台抜粋)
Fastest Lap #14 土屋祐輔 Liaison ZAPF108 1.42.399 7/11 160.420km/h
10時7分57秒の赤旗中断により、本レースは11周回のレースとして再スタートされた。


F4東日本シリーズ最終戦優勝!

Team Liaison F108はデビューから3戦全勝で東日本シリーズ最終戦を迎える事になりました。
次のコンストラクター日本一決定戦で国土交通大臣杯に輝くには絶対に落とせない一戦となりました。
結果はTeam Liaison ZAP F108はポールtoウィン、ファステストラップ、全ラップリーダーのグランドスラムで4連勝!後続に8秒以上の大差を付ける独走で連勝記録を伸ばしました。

2010 JAF地方選手権 F4東日本シリーズ第6戦・ツインリンクもてぎ

2010.11.7 公式予選正式結果 Fine/Dry
1 14 土屋祐輔 Liaison ZAP F108 1.54.559
2 72 金井亮忠 チームNATS・正義056 1.55.739
3 2 山口大陸 TAIROKU ガレージ茶畑 1.56.299
4 99 西村和則 XS☆スターチ・CMS006 1.56.305
5 8 服部晃輔 GOLD ON ZAP 006 1.56.337
6 63 廣田秀機 ピカデリーサーカス006 1.56.501
7 51 加藤正将 T-MANオイルMARS006 1.56.525
8 80 藤原弘学 ウィンズギュイーン006 1.56.813
9 83 秋山健也 ウィンズTMC006 1.56.859
10 18 見栄張る週末派 ZAPスクーデリアメルモ108 1.57.417
※上位10台抜粋
2010.11.7 決勝正式結果 12Laps Fine/Dry
1 14 土屋祐輔 Liaison ZAP F108 23.20.913
2 72 金井亮忠 チームNATS・正義056 23.29.797
3 63 廣田秀機 ピカデリーサーカス006 23.46.931
4 80 藤原弘学 ウィンズギュイーン006 23.47.219
5 2 山口大陸 TAIROKU ガレージ茶畑 23.47.780
6 51 加藤正将 T-MANオイルMARS006 23.48.834
7 8 服部晃輔 GOLD ON ZAP 006 23.53.950※
8 4 佐々木祐一 Sendai☆DayDream 24.03.075
9 34 三浦勝 CMS006 24.06.818
10 13 吉田基良 B-MAX・RD10W 24.17.849
※上位10台抜粋
BEST TIME #14 土屋 祐輔 Liaison ZAPF108 1'55.786 3/12 149.28km/h
No.8 2010もてぎチャンピオンカップレースシリーズ特別規則書 第46条 違反
(ジャンプスタート)により、ドライビングスルーペナルティを課した。


もてぎSFJシリーズ最終戦

今シリーズ開幕戦を制し、前回の第4戦で勝利したZAP SPEED佐伯選手をポイントリーダーに迎えた最終戦。同じく2勝をあげポイントスタンディング2位の田仲選手とシリーズチャンピオンを賭けての一戦となる。元F3000ドライバーのosamu選手や鈴鹿のトップランカーを迎えて22台のレースとなった。
田仲選手がコースレコードを更新してポールポジションを獲得、決勝でもスタートを決め佐伯選手が着いて行くも仕掛ける距離にまで迫れず田仲選手が優勝となった。TOP争いの二人と大きく離れたセカンドグループでは鈴鹿勢同士の激しいレースが行われ中野選手が3位表彰台を得た。WEST07Jで惜しくも4位となったosamu選手のブレーキングはSFJドライバーには大いに参考になった様だ。
今回のレース結果で、JAFシリーズチャンピオンは田仲選手、もてぎチャンピオンカップは佐伯選手の獲得となった。

2010 JAF地方選手権 スーパーFJ もてぎシリーズ第5戦

2010.11.7 公式予選正式結果表 Fine/Dry
1 66 田仲拓也 筑波進研アクアクララ関口ED 2.02.590R
2 5 佐伯和洋 ZAP関口カーズ10VED 2.03.352
3 15 OSAMU LEYJUNベンドWEST07J 2.03.372
4 43 中野貴功 テイクファースト10V戸田 2.03.863
5 10 加藤智 インターサポート10VTODA 2.04.137
6 3 冲永晃 エクシードALEX10V 2.04.149
7 99 安田裕介 FJAスカラシップ10V戸田 2.04.169
8 48 松井宏太 リールトレジャーワンKK-S 2.04.330
9 46 神子島みか リールレーシングKK-S 2.04.441
10 20 ユン・コンジョ ZAPダイス中目黒アリーナED 2.04.865
※上位10台抜粋
2010.11.7 決勝正式結果 10Laps Fine/Dry
1 66 田仲拓也 筑波進研アクアクララ関口ED 20.48.750
2 5 佐伯和洋 ZAP関口カーズ10VED 20.49.291
3 43 中野貴功 テイクファースト10V戸田 20.58.033
4 15 OSAMU LEYJUNベンドWEST07J 21.00.202
5 10 加藤智 インターサポート10VTODA 21.01.146
6 99 安田裕介 FJAスカラシップ10V戸田 21.01.955
7 48 松井宏太 リールトレジャーワンKK-S 21.04.430
8 3 冲永晃 エクシードALEX10V 21.04.639
9 6 松下信治 レヴレーシング・オガワ 21.07.168
10 46 神子島みか リールレーシングKK-S 21.09.006
※上位10台抜粋
BEST TIME #66 田仲拓也 筑波進研アクアクララ関口ED 2'03.947 9/10 139.45km/h


Team Liaison ZAP F108 3連勝!!

鈴鹿でのデビュー戦、もてぎでの東日本シリーズデビュー戦を征し、負け無しの二連勝で岡山に乗り込んだTeam Liaison ZAP F108。このマシン開発から初めてのウェットコンディションもあり、チームの総合力問われます。予選ではアンダーパネルのトラブルで、路面コンディションが良くなった後半の時間帯を走れませんでしたが、トップと0.03秒差で2番手のグリッドを獲得しました。

トップ3台はJMIAのUOVA4モノコックのマシンが並び、どのマシンも32秒台と僅差の戦いですが、4位のアルミモノコックの最新型車輌には0.7秒もの開きがありクラス分けの声が上がるのも頷けます。
2番手グリッドの土屋はフォーメーションでしっかりと暖め、得意のスタートで前に出ることを狙います。ウェービングにホイールスピンを交えて積極的にタイヤ温度を上げていきますが、勢い余ってスピン。最後尾からのスタートとなってしまいました。

最後尾から怒濤の追い上げを見せ、3LAP目には5位に浮上。その後4位まで順位を上げると前を行く松本選手がトラブルでリタイアし難なく3位のポジションに。トップ争いをしている2台が絡み吉田選手がスピン・クラッシュ。西本選手がトップでゴールしましたが危険行為により失格となり、土屋が繰り上がり優勝となりました。
吉田選手と西本選手は西日本シリーズチャンピオン争いをしていたのですが、このレースで失格となった西本選手がチャンピオン獲得となりました。

なんとも格好の悪いドタバタレースとなったが、Team Liaison ZAP F108はファステストラップを記録し、最後尾からの優勝。これでデビュー戦から3連勝です!
勝率100%はかろうじて継続となりました。

2010 JAF地方選手権F4西日本シリーズ第6戦・岡山国際サーキット

公式予選正式結果    2010.10.10  晴れ/ウェット→ドライ
1 10 西本 直樹 東京R&D10W 戸田 アジル 1.32.574
2 14 土屋 祐輔 Liaison ZAP F108 1.32.603
3 70 吉田 広樹 PALNEX☆TeamNaoki 1.32.734
4 22 木畑 克俊 ユーロマジックJSSギディアップ 1.33.436
5 12 松本 武士 エンドレス・IBRIDA・MAX/ミスト 1.33.548
6 63 廣田 秀機 ピカデリーサーカス イーグルスポーツ 1.33.735


決勝正式結果  2010.10.10  15Laps  晴れ/ドライ
1 14 土屋 祐輔 Liaison ZAP F108 23.46.833
2 63 廣田 秀機 ピカデリーサーカス イーグルスポーツ 23.55.462
3 22 木畑 克俊 ユーロマジックJSSギディアップ 23.59.397
4 25 片貝 雅幸 イーグルスポーツアキランド006戸田 24.03.649
5 35 吉村 英夫 MARUSAN☆レプリ-KKZS 24.20.524
6 33 吉本 晶哉 AY-DESIGN 制動屋 006 24.20.856
BL:#14 土屋 祐輔 Liaison ZAP F108 1.33.779 6/15 142.151km/h
上位6台抜粋


筑波シリーズ第5戦 佐伯和洋選手ポールtoウィン

佐伯和洋選手がもてぎシリーズに続いて筑波でも連続優勝!
開幕戦の理不尽な失格によりシリーズタイトル獲得の条件は厳しいが、筑波シリーズで意地の勝利を見せました。

2010 JAF地方選手権スーパーFJ筑波シリーズ第5戦・筑波サーキット

公式予選正式結果 2010.10.10 曇り/ウェット
1 5 佐伯 和洋 ZAP芳豆樹・関口カーズED 1.05.393
2 83 山部 貴則 TKroomウインズED 1.05.892
3 63 中村 ひかる もてぎスタイル・ルボーセPFC 1.06.231
4 3 沖永 晃 エクシードALEX10V 1.06.510
5 80 池田 浩之 ウインズXADOEDKK-S 1.06.905
6 19 神子島 みか MYST・セキグチ・HONDA 1.06.933


決勝正式結果 2010.10.10 18Laps 曇り/ドライ
1 5 佐伯 和洋 ZAP芳豆樹・関口カーズED 17.59.227
2 83 山部 貴則 TKroomウインズED 17.59.468
3 3 沖永 晃 エクシードALEX10V 17.59.696
4 80 池田 浩之 ウインズXADOEDKK-S 18.02.395
5 63 中村 ひかる もてぎスタイル・ルボーセPFC 18.02.931
6 19 神子島 みか MYST・セキグチ・HONDA 18.03.346
上位6台抜粋


FJ1600筑波シリーズ第5戦

選手権の外れたFJ1600レースでZAP SPEEDの二人の新人がデビューレースを迎えました。
初めての4輪レースですがポールポジション・フロントローを獲得。
決勝は新人らしく?きっちり抜かれて3位と4位に終わりました。来シーズンは選手権レースに出場予定の二人には良い勉強になったと思います。

FJ1600筑波シリーズ第5戦・筑波サーキット

公式予選正式結果 2010.10.10 曇り/ウェット
1 4 山崎 洋輔 ZAPワールドオートED 1.07.833
2 20 高野 雅人 ZAPSPEEDSK96ED 1.07.871
3 3 錦織 正樹 吉岡建築Ver2オスカースバル 1.08.128
4 55 長谷川 史卓 ウインズ・TMC・エボレックス・SK 1.08.387
5 82 豊川 航平 ウインズXADOSKハミング鬼 1.08.482
6 88 倉富 秀索 ウインズXADOPD96ED 1.08.490

決勝正式結果 2010.10.10 18Laps 晴れ/ドライ
1 3 錦織 正樹 吉岡建築Ver2オスカースバル 18.30.716
2 82 豊川 航平 ウインズXADOSKハミング鬼 18.30.966
3 4 山崎 洋輔 ZAPワールドオートED 18.33.755
4 20 高野 雅人 ZAPSPEEDSK96ED 18.35.661
5 88 倉富 秀索 ウインズXADOPD96ED 18.37.134
6 80 高木 裕士 ウインズXADOギータカ勝 18.37.731


Team Liaison ZAP F108 2連勝!!

ZAP SPEED F4マシン「ZAP F108」 はツインリンクもてぎにて行われました「2010 JAF 地方選手権 F4東日本シリーズ第5戦」に参戦し、東日本シリーズデビュー戦を、ポールtoウィン、全ラップリーダー、ファステストラップ獲得のグランドスラムでの完全優勝を果たしました。

>>ZAP F108 レースレポート

2010 JAF地方選手権東日本F4選手権シリーズ第5戦

公式予選正式結果 2010.9.5 Fine/Dry 東コース[3.422km]
1 14 土屋 祐輔 Liaison ZAP F108 1.23.346
2 70 吉田 広樹 PLANEX☆MC09 1.23.493
3 72 金井 亮忠 チームNATS・正義056 1.23.793
4 99 西村 和則 XS☆スターチ・CMS006 1.24.204
5 11 金子 昌広 ミスト萬店MAXレーシング東名 1.24.263
6 56 川村 和希 プロジェクトKKマース戸田 1.24.304
7 2 山口 大陸 エクシード ウエスト 1.24.632
8 8 服部 晃輔 GOLD ON ZAP 006 1.24.725
9 80 藤原 弘学 ウインズギュイーン006 1.25.142
10 34 三浦 勝 CMS006 1.25.206
※出走13台、上位10台抜粋
決勝正式結果 2010.9.5 Fine/Dry 東コース[3.422km]
1 14 土屋 祐輔 Liaison ZAP F108 21.12.736
2 70 吉田 広樹 PLANEX☆MC09 21.21.365
3 72 金井 亮忠 チームNATS・正義056 21.25.065
4 8 服部 晃輔 GOLD ON ZAP 006 21.38.802
5 2 山口 大陸 エクシード ウエスト 21.40.204
6 34 三浦 勝 CMS006 21.44.353
7 80 藤原 弘学 ウインズギュイーン006 21.45.429
8 83 秋山 健也 ウインズTMC006 21.46.332
9 4 佐々木 祐一 Sendai☆DayDream 21.51.326
10 11 金子 昌広 ミスト萬店MAXレーシング東名 21.54.782
Best Time No.14 土屋 祐輔 Liaison ZAP F108 1.24.012 4/15 146.64Km/h
※出走13台、上位10台抜粋


Team Liaison 鮮烈デビュー!!
ZAP SPEEDオリジナルマシン「ZAP F108」デビューウィン!!

Team LiaisonのZAP SPEEDオリジナルマシン「ZAP F108」が鈴鹿サーキットで行われた西日本F4選手権シリーズ第5戦にマシン完成後初めてレース参加。
予選こそ2位に甘んじたが、決勝では2位に4秒の差を付け独走で優勝。ファステストラップも記録して鮮烈なデビューウィンを飾った。

>>ZAP F108 デビューウィンまでの道のり

2010 JAF地方選手権西日本F4選手権シリーズ第5戦

決勝正式結果 2010.8.22 Fine/Dry
1 14 土屋 祐輔 チーム・リエゾン 21.20.583
2 10 西本 直樹 東京R&D 10W 戸田 21.24.658
3 70 吉田 広樹 PLANEX☆TeamNaoki☆MC09 21.29.338
4 27 柴田 隆之介 アストteamSBT☆イーグル/戸田 21.34.763
5 56 川村 和希 プロジェクトKKマース戸田PFC 21.38.057
6 12 松本 武士 エンドレス IBRIDA CELL MIST/KK-ZS 21.40.469
7 22 木畑 克俊 ユーロマジックJSSギディアップ 21.40.933
8 63 廣田 秀機 ピカデリーサーカスWEST006イーグルスポーツ 21.40.976
9 44 塚田 光彦 東海電装・WEST・Sprint・056 21.45.030
10 2 Kim Dong Eun INJE AOTOPIA☆056 21.56.610
Best Time No.14 土屋 祐輔 チーム・リエゾン 2.07.298 4/10 164.22Km/h
※出走20台、上位10台抜粋


スーパーFJもてぎシリーズ第3戦

真夏にコースレコードを記録した予選を制したのは田仲選手。
二戦連続のポールポジション獲得となった。それに続いたのは開幕戦優勝の佐伯選手。エクシズレーシングの早坂選手が続く。WEST勢の中村選手が4番手、中山選手が5番手、小野選手が6番手と続く。
スタートでトップに立ったのは佐伯選手だったが、序盤エンジントラブルがあり、暫く上が廻らない状態で6番手まで後退。レース中盤からトラブルが解消しファステストラップを記録しながら3番手まで順位を回復しチェッカーとなった。

2010 JAF地方選手権スーパーFJもてぎシリーズ第3戦

公式予選正式結果 2010.8.7 Fine/Dry
1 66 田仲拓也 DeepRアクアクララ関口ED 2.03.274 R
2 5 佐伯和洋 ZAP-DreamMAX.ED 2.03.815 R
3 17 早坂公希 TRS☆エクシズRD10VED 2.04.241
4 14 中村洋司 ZAP浦和興産07JED 2.04.522
5 7 中山雅佳 ZAP HITACHI 07J 2.04.822
6 26 小野真 芳豆樹ZAPらーばん07JED 2.05.040
7 20 尹建祚 ZAPダイス中目黒アリーナED 2.05.057
8 30 藤本拓也 ZAP-隼R・NAC07JED 2.05.222
9 3 冲永晃 エクシードALEXミスト 2.05.568
10 036 湊雅之 アルビRTビヨンドED玉三郎 2.05.693
※上位10台抜粋
R マークの車は、コースレコードを更新しました。従来のレコードタイムは 2.04.012
決勝正式結果 2010.8.8 10Laps Fine/Dry
1 66 田仲拓也 DeepRアクアクララ関口ED 21.12.946
2 17 早坂公希 TRS☆エクシズRD10VED 21.14.206
3 5 佐伯和洋 ZAP-DreamMAX.ED 21.16.149
4 7 中山雅佳 ZAP HITACHI 07J 21.16.882
5 30 藤本拓也 ZAP-隼R・NAC07JED 21.25.217
6 20 尹建祚 ZAPダイス中目黒アリーナED 21.25.635
7 3 冲永晃 エクシード ALEX ミスト 21.30.555
8 *14 中村洋司 ZAP浦和興産07JED 21.34.573
9 26 小野真 芳豆樹ZAPらーばん07JED 21.34.711
10 55 黒岩巧 TMCウィンズエボレックス 21.35.387
※上位10台抜粋
FL:#5 佐伯 和洋ZAP-DreamMAX.ED 2.05.537 7/10 137.69km/h
#14 2010もてぎチャンピオンカップレース特別規則書 第46条~1
 (反則スタート)により、ドライビングスルーペナルティを課した。


アチーブメント全日本フォーミュラ3選手権第9・10戦

Nクラスチャンピオンの山内選手がハナシマレーシングからCクラスに出場ブランクを感じさせない走りで2戦とも表彰台に乗った。Cクラスのエボサスでドライを走ったのはこのレースウィークが初めてというから驚きだ。
第10戦ではACHIEVEMENT by KCMGのGARY THOMPSON選手(ZAP SPEED MFメンテナンス)がNクラス2位となった。

2010アチーブメント全日本フォーミュラ3選手権第9・10戦ツインリンクもてぎ

第9戦公式予選正式結果 2010.8.7 Fine/Dry
1 1 C-1 国本雄資 PETRONAS TOM'S F308 1.46.996
2 12 C-2 関口雄飛 ThreeBond 1.47.194
3 5 C-3 山内英輝 MJハナシマレーシング F308 1.47.345
4 36 C-4 RAFAEL SUZUKI PETRONAS TOM'S F308 1.47.551
5 62 C-5 嵯峨宏紀 DENSO・ルボーセF308 1.47.712
6 2 C-6 Alexandre IMPERATORI TODA FIGHTEX 1.47.909
7 37 N-1 蒲生尚弥 TDP SPIRIT F307 1.48.728
8 8 N-2 小林崇志 HFDP RACING F307 1.49.077
9 22 N-3 佐々木大樹 NDDP EBBRO 1.49.470
10 63 N-4 千代勝正 BPダイシン ルボーセ F305 1.49.509
11 7 N-5 三浦和樹 HFDP RACING 307 1.49.625
12 23 N-6 佐藤公哉 NDDP EBBRO 1.49.658
13 20 N-7 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 1.49.726
14 19 N-8 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.476
15 77 N-9 小泉洋史 Staff-one・CMS 1.51.155
以上予選通過車両
第10戦決勝正式結果 2010.8.8 20Laps Fine/Dry
1 1 C-1 国本雄資 PETRONAS TOM'S F308 36.24.131
2 12 C-2 関口雄飛 ThreeBond 36.31.837
3 5 C-3 山内英輝 MJハナシマレーシング F308 36.32.854
4 36 C-4 RAFAEL SUZUKI PETRONAS TOM'S F308 36.42.069
5 2 C-5 Alexandre IMPERATORI TODA FIGHTEX 36.42.962
6 62 C-6 嵯峨宏紀 DENSO・ルボーセ F308 36.57.864
7 37 N-1 蒲生尚弥 TDP SPIRIT F307 37.01.586
8 20 N-2 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 37.19.028
9 63 N-3 千代勝正 BPダイシン ルボーセ F305 37.19.435
10 22 N-4 佐々木大樹 NDDP EBBRO 37.21.022
11 8 N-5 小林崇志 HFDP RACING F307 37.23.308
12 19 N-6 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 37.24.282
13 23 N-7 佐藤公哉 NDDP EBBRO 37.25.734
14 7 N-8 三浦和樹 HFDP RACING F307 37.40.960
以上規定周回数完走
15 77 N   小泉洋史 Staff-one・CMS 4Laps
BEST TIME
C-Class #1 国本雄資 PETRONAS TOM'S F308 1.48.100(6/20)
N-Class #8 小林崇志 HFDP RACING F307 1.49.975(6/20) 

第10戦公式予選正式結果 2010.8.7 Fine/Dry
1 1 C-1 国本雄資 PETRONAS TOM'S F308 1.47.198
2 12 C-2 関口雄飛 ThreeBond 1.47.606
3 5 C-3 山内英輝 MJハナシマレーシング F308 1.47.684
4 36 C-4 RAFAEL SUZUKI PETRONAS TOM'S F308 1.47.767
5 62 C-5 嵯峨宏紀 DENSO・ルボーセ F308 1.47.911
6 2 C-6 Alexandre IMPERATORI TODA FIGHTEX 1.48.267
7 8 N-1 小林崇志 HFDP RACING F307 1.49.004
8 37 N-2 蒲生尚弥 TDPSPIRIT F307 1.49.076
9 23 N-3 佐藤公哉 NDDP EBBRO 1.49.200
10 7 N-4 三浦和樹 HFDP RACING F307 1.49.232
11 22 N-5 佐々木大樹 NDDP EBBRO 1.49.555
12 20 N-6 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 1.49.594
13 63 N-7 千代勝正 BPダイシン ルボーセ F305 1.49.628
14 19 N-8 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.293
15 77 N-9 小泉洋史 Staff-one・CMS 1.51.065
第10戦決勝正式結果 2010.8.7 14Laps Fine/Dry
1 1 C-1 国本雄資 PETRONAS TOM'S F308 25.20.670
2 12 C-2 関口雄飛 ThreeBond 25.22.441
3 5 C-3 山内英輝 MJハナシマレーシング F308 25.23.956
4 62 C-5 嵯峨宏紀 DENSO・ルボーセ F308 25.29.731
5 2 C-6 Alexandre IMPERATORI TODA FIGHTEX 25.31.619
6 36 C-4 RAFAEL SUZUKI PETRONAS TOM'S F308 25.32.385
7 37 N-1 蒲生尚弥 TDP SPIRIT F307 25.45.607
8 8 N-2 小林崇志 HFDP RACING F307 25.47.484
9 22 N-3 佐々木大樹 NDDP EBBRO 25.53.482
10 23 N-6 佐藤公哉 NDDP EBBRO 25.56.252
11 7 N-5 三浦和樹 HFDP RACING F307 25.56.508
12 63 N-4 千代勝正 BPダイシン ルボーセ F305 25.59.235
13 20 N-7 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 26.06.953
14 19 N-8 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 26.07.324
15 77 N-9 小泉洋史 Staff-one・CMS 26.20.351
以上規定周回数完走
BEST TIME 
C-Class #12 関口 雄飛 ThreeBond 1.47.708(4/14)
N-Class #37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 1.49.202(5/14)


真夏の高速バトルを制して渡辺義人選手が3勝目!

ZMFメンテナンスの見栄張る週末派選手がコースレコードでポールポジションを獲得、同じくZMFメンテナンスのX'S(エクシズレーシング)渡辺義人選手がフロントローにつける。スタートで見栄張る週末派選手が出遅れ一時は6位に迄後退し、その間渡辺義人選手がトップでレースをリードする。見栄張る週末派選手は決勝中もコースレコードを更新し、トップに返り咲く。
しかし、今期のポイントリーダー渡辺選手が抜き返し、ラスト二周は接近戦を繰り広げ両者一歩も譲らない見応えのある攻防戦が繰り広げられた。0.03秒の僅差で渡辺選手がチェッカーを受け今期3勝目となった。
この日の富士は非常に暑い一日だったが、この暑さの中コースレコードを何度も書き換える高速バトルが繰り広げられた。

富士FJ1600シリーズ第4戦

2010.7.25 公式予選正式結果  Fine/Dry Short(4,526m)
1 1 見栄張る週末派 スクーデリアメルモSK96ED 1.50.803 R
2 0 渡辺義人 ZAPエクシズSK96ED関口 1.51.319
3 56 川村和希 プロジェクトKKマース関口 1.51.322
4 23 松本朋樹 TRS・MF105ED 1.51.477
5 72 WATARU NATS・IDI SK96 1.51.878
6 11 麓悠太郎 のりもの塾・リキモリ・マナティ 1.52.280
2010.7.25   決勝正式結果  12Laps  Cloudy/Dry  Short(4,526m)
1 0 渡辺義人 ZAPエクシズSK96ED関口 22.22.962
2 1 見栄張る週末派 スクーデリアメルモSK96ED 22.22.997
3 72 WATARU NATS・IDI SK96 22.23.382
4 11 麓悠太郎 のりもの塾・リキモリ・マナティ 22.40.636
5 56 川村和希 プロジェクトKKマース関口 22.42.872
6 23 松本朋樹 TRS・MF105ED 22.42.947
FL:#1 見栄張る週末派 スクーデリアメルモSK96ED 1.50.186(8/12) 147.874km/h
(上位6台抜粋)
第4戦終了現在のランキング(上位6名)
1 渡辺義人
2 麓悠太郎
3 WATARU
4 野村大樹
5 松本朋樹
6 柿島昭一
75pt
49pt
32pt
25pt
24pt
18pt


森下陽介選手F3デビュー!!

2009年度F4東日本シリーズで2勝をあげシリーズランキング2位となった森下陽介選手が全日本F3選手権Nクラスにデビュー。事前のテストが雨の中1日しか行えなかった為、ドライはぶっつけ本番となりました。
次回は第13戦と第14戦が行われる地元宮城県のSUGOラウンドへの参戦を計画しています。今回の経験を生かして躍進を期待します。

2010 アチーブメント全日本選手権 第7戦・第8戦 富士スピードウェイ

第7戦公式予選結果・ナショナルクラス 2010.7.17 Cloudy/Dry
1 37 蒲生尚弥 TDP SPIRIT F307 1.37.959
2 23 佐藤公哉 NDDP EBBRO 1.38.211
3 63 千代勝正 BPダイシンルボーセ F305 1.38.316
4 8 小林崇志 HFDP RACING F307 1.38.383
5 22 佐々木大樹 NDDP EBBRO 1.38.453
6 20 G.Thompson ACHIEVEMENT by KCMG 1.38.639
7 7 三浦和樹 HFDP RACING F307 1.38.742
8 19 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 1.39.401
9 21 森下陽介 ACHIEVEMENT by KCMG 1.39.815
10 77 小泉洋史 Staff-one・CMS 1.40.273
第7戦決勝正式結果・ナショナルクラス 15Laps 2010.7.17 Fine/Dry
1 23 佐藤公哉 NDDPEBBRO 24.56.472
2 63 千代勝正 BPダイシンルボーセ F305 24.59.661
3 8 小林崇志 HFDP RACING F307 25.00.115
4 20 G.Thompson ACHIEVEMENT by KCMG 25.07.380
5 37 蒲生尚弥 TDP SPIRIT F307 25.08.906
6 19 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 25.17.602
7 7 三浦和樹 HFDP RACING F307 25.18.752
8 22 佐々木大樹 NDDPEBBRO 25.18.875
9 21 森下陽介 ACHIEVEMENT by KCMG 25.22.264
10 77 小泉洋史 Staff-one・CMS 25.33.060
第8戦公式予選結果・ナショナルクラス 2010.7.17 Fine/Dry
1 37 蒲生尚弥 TDP SPIRIT F307 1.38.062
2 23 佐藤公哉 NDDP EBBRO 1.38.475
3 8 小林崇志 HFDP RACING F307 1.38.554
4 22 佐々木大樹 NDDP EBBRO 1.38.642
5 63 千代勝正 BPダイシンルボーセ F305 1.38.674
6 20 G.Thompson ACHIEVEMENT by KCMG 1.38.761
7 7 三浦和樹 HFDP RACING F307 1.38.863
8 21 森下陽介 ACHIEVEMENT by KCMG 1.39.372
9 19 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 1.39.535
10 77 小泉洋史 Staff-one・CMS 1.40.349
第8戦決勝正式結果・ナショナルクラス 21Laps 2010.7.17 Cloudy/Dry
1 37 蒲生尚弥 TDP SPIRIT F307 34.49.673
2 8 小林崇志 HFDP RACING F307 35.02.643
3 23 佐藤公哉 NDDP EBBRO 35.04.510
4 63 千代勝正 BPダイシンルボーセ F305 35.09.696
5 22 佐々木大樹 NDDP EBBRO 35.10.081
6 7 三浦和樹 HFDP RACING F307 35.15.959
7 20 G.Thompson ACHIEVEMENT by KCMG 35.28.617
8 21 森下陽介 ACHIEVEMENT by KCMG 35.31.866
9 77 小泉洋史 Staff-one・CMS 35.33.289
10 19 黒田吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 35.29.092(+30秒)※1
※1 No.19は、2010年富士スピードウエイ一般競技規則第8章第30条7(走路外追い越し)により、競技結果に30秒の加算のペナルティを科した。



F4東日本シリーズ第4戦筑波

予選6番手と奮わなかった服部晃輔選手だが決勝では3位まで順位を上げチェッカーを受けた。
開幕戦から4戦連続3位という結果に終わった。

2010 東日本F4選手権第4戦・筑波

2010.7.4 公式予選正式結果 Fine/Dry
1 72 金井 亮忠 チームNATS・正義056 55.473
2 80 藤原 弘学 ウインズギュイーン006 56.002
3 74 宮沢 孝由 EMSしろひげ☆徳永医院056 56.039
4 11 金子 昌広 ミスト萬店MAXレーシング東名 56.059
5 83 秋山 健也 ウインズTMC006 56.226
6 8 服部 晃輔 GOLD ON ZAP 006 56.248
2010.7.4 決勝正式結果 25Laps Cloudy/Dry
1 72 金井 亮忠 チームNATS・正義056 23.43.125
2 80 藤原 弘学 ウインズギュイーン006 23.53.035
3 8 服部 晃輔 GOLD ON ZAP 006 23.59.326
4 74 宮沢 孝由 EMSしろひげ☆徳永医院056 24.00.069
5 83 秋山 健也 ウインズTMC006 24.03.957
6 14 見栄張る週末派 ZAPスクーデリアメルモ006 24.12.040
上位6台抜粋


スーパーFJ筑波シリーズ第3戦

予選では一番のタイムを出した佐伯選手がピットロード速度違反で3グリッと降格のペナルティを受け4番手からのスタートとなった。
決勝ではベストラップを記録しながら順位を上げ、15周目には遂に先頭を走る神子島選手の一瞬のミスを突いてイン側に並びかける。しかし、両車は接触し神子島選手はリタイアとなる。
その後佐伯選手はトップでチェッカーを受けたが、40秒加算のペナルティが言い渡された。
内間監督が審査員室にてビデオを確認したが、ハーフスピンになりながらカウンターを当てず内側にステアリングを切り続ける神子島選手と、アクセルを緩めインにとどまる余裕の無かった佐伯選手のレーシングアクシデントが確認された。
佐伯選手は自らのミスでポールポジションと優勝を失ったが、このレースで最も速さは見せていた。
この苦い経験を今後に生かして欲しい。

2010 スーパーFJ筑波シリーズ第3戦

2010.7.4  公式予選結果 Cloudy/Dry
1 19 神子島みか MYST・セキグチHONDA 59.228
2 63 中村ひかる もてぎスタイル・ルボーセPFC 59.295
3 80 池田浩之 ウインズXADO EDKK-S 59.556
4 5 佐伯和洋 ZAP-DreamMAX.ED 59.188 ※1
5 83 山部貴則 TkroomウインズED 59.623
6 3 沖永晃 エクシードALEXミスト 59.640
※1 #5は、2010筑波サーキット一般競技規則第36条3.違反(ピットロードの制限速度)により、3グリッド降格とした。
2010.7.4 決勝正式結果 18Laps Fine/Dry
1 63 中村ひかる もてぎスタイル・ルボーセPFC 18.16.124
2 7 松原亮二 SymphonitiaED 18.18.977
3 83 山部貴則 TkroomウインズED 18.21.343
4 3 沖永晃 エクシードALEXミスト 18.23.820
5 99 森島修一 ウインズハドゥーRD202ED 18.32.552
6 56 橋本雄次 TMCウインズエボレックスEDKKS 18.32.652
上位6台抜粋
12 5 佐伯和洋 ZAP-DreamMAX.ED 18.54.442 ※1
※1 #5 は、2010筑波サーキット一般競技規則第20条4.a及びb違反により、40秒加算とした。
BL:#5 佐伯和洋 ZAP-DreamMAX.ED 59.973(13/18) 122.755km/h


スーパーFJもてぎシリーズ第2戦

スーパーFJ二年目の田中選手がコースレコードを塗り替えてポールポジションを獲得。開幕戦優勝の佐伯選手がこれに続く。佐伯を始め3番手中村選手、4番手藤本選手、5番手中山選手は皆今年デビューの新人で、まだまだ経験が少ない感がある。
スタートでは佐伯選手がミスをして4番手まで後退、中村選手が2番手、中山選手3番手でトップの田仲選手を追うが中村選手にジャンプスタートの判定。ドライブスルーペナルティが表示される。中村選手は直ぐにドライブスルーを通過しレースに復帰、次々にオーバーラップしてポジションを上げる。次の周には中山選手がピットに入る、ドライブスルーペナルティが自分に提示されたと勘違いしたという。この間佐伯が2番手となり、レース中のベストラップを記録しながら田仲選手を追う。0.9秒まで詰めたがレース終了となった。

2010 JAF地方選手権スーパーFJもてぎシリーズ第2戦(もてぎフルコース)

公式予選正式結果 2010.6.27 Cloudy/Dry
1 66 田仲拓也 DeepRアクアクララ関口カーズ 2.04.012 R
2 5 佐伯和洋 ZAP-DreamMAX.ED 2.04.961
3 14 中村洋司 ZAP浦和興産07JED 2.05.144
4 30 藤本拓也 ZAP-隼R・NAC07JED 2.05.617
5 7 中山雅佳 ZAP HITACHI 07J 2.05.695
6 3 沖永 晃 エクシードALEXミスト 2.06.244
7 17 早坂公希 TRS☆エクシズRD10VED 2.06.297
8 62 早崎友哉 モテギスタイル・ルボーセPFC 2.06.344
9 26 小野 真 ZAP SPEED 07JED 2.06.630
10 20 尹 建祚 ZAPダイス中目黒アリーナED 2.06.827
決勝正式結果 2010.6.27 Cloudy/Wet
1 66 田仲拓也 DeepRアクアクララ関口カーズ 20.50.610
2 5 佐伯和洋 ZAP-DreamMAX.ED 20.51.575
3 17 早坂公希 TRS☆エクシズRD10VED 21.13.601
4 26 小野 真 ZAP SPEED 07JED 21.17.798
5 14 中村洋司 ZAP浦和興産07JED 21.19.029
6 20 尹 建祚 ZAPダイス中目黒アリーナED 21.21.315
7 55 黒岩 巧 TMCウインズエボレックスED 21.29.553
8 3 沖永 晃 エクシードALEXミスト 21.31.130
9 18 内村浩二 Kracwithアルバトロス 21.39.047
10 7 中山雅佳 ZAP HITACHI 07J 21.53.330
※上位10台抜粋
※フォーメーションラップ中の停止車両回収のため、2010年もてぎチャンピオンカップレースシリーズ特別規則書 第45条~8)「スタートディレイ」を適用し、決勝周回数を9Lapsとした。



森下陽介選手F3テスト

6月14日富士スピードウェイにて行われたF3合同テストに森下陽介選手が参加。
昨シーズンオフにZAP SPEEDのプライベートテストでF3に乗車したものの、他の選手と同一条件で走るのは初めてとなった。
生憎の雨ながら早い段階にフィットして、午前中はクラス3位のタイムを記録した。午後は新品のタイヤを上手く使えず5位となったが、4時間のテストを無事終えた。

2010.6.14 F3合同テスト・富士スピードウェイ

午前テスト 雨/ウェット(ナショナルクラス)
1 37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 1.50.056
2 20 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.314
3 21 森下 陽介 ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.478
4 23 佐藤 公哉 NDDP EBBRO 1.50.517
5 77 小泉/花岡 CMS☆WAKOS☆F308 1.50.917
6 18 銘苅 翼 EBBRO AIM F307 1.51.365

午後テスト 曇り/ウェット(ナショナルクラス)
1 37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 1.49.268
2 23 佐藤 公哉 NDDP EBBRO 1.49.448
3 18 銘苅 翼 EBBRO AIM F307 1.49.543
4 77 小泉/花岡 CMS☆WAKOS☆F308 1.49.620
5 21 森下 陽介 ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.266
6 18 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.676

総合結果 曇り/ウェット(ナショナルクラス)
1 37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 1.49.268
2 23 佐藤 公哉 NDDP EBBRO 1.49.448
3 18 銘苅 翼 EBBRO AIM F307 1.49.543
4 77 小泉/花岡 CMS☆WAKOS☆F308 1.49.620
5 21 森下 陽介 ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.266
6 18 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 1.50.676



アチーブメント全日本F3選手権 第5戦・第6戦

富士スピードウェイで行われた全日本F3選手権第5戦はHDFP RACINGの小林崇志選手がポールTOウィン。
続く第6戦ではZAP SPEED出身の銘苅翼選手(AIM-SPRTS)がポールポジションを獲得。
決勝では小林選手が連勝、蒲生選手が連続2位となり、銘苅選手は3位となった。
ZMFメンテナンスのGARY THOMPSON選手(ACHIEVEMENT by KCMG)が二戦とも4位となり、同じく大波肇選手(ACHIEVEMENT by KCMG)は第6戦で6位となった。

2010 アチーブメント全日本F3選手権 第5戦・第6戦 富士スピードウェイ

第5戦公式予選結果 2010.6.12 晴れ/ドライ
1 8 小林 崇志 HFDP RACING F307 1.37.093
2 37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 1.37.153
3 23 佐藤 公哉 NDDP EBBRO 1.37.242
4 18 銘苅 翼 AIM-SPORTS F307 1.37.320
5 63 千代 勝正 BPダイシン ルボーセF305 1.37.433
6 7 三浦 和樹 HFDP RACING F307 1.37.487
第5戦決勝結果/15Laps 2010.6.12 晴れ/ドライ
1 8 小林 崇志 HFDP RACING F307 24.41.721
2 37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 24.45.817
3 23 佐藤 公哉 NDDP EBBRO 24.51.527
4 20 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 25.03.840
5 22 佐々木 大樹 NDDP EBBRO 25.04.197
6 7 三浦 和樹 HFDP RACING F307 25.04.825
(ナショナルクラス上位6台抜粋)

第6戦公式予選結果 2010.6.12 晴れ/ドライ
1 18 銘苅 翼 AIM-SPORTS F307 1.37.011
2 8 小林 崇志 HFDP RACING F307 1.37.122
3 22 佐々木 大樹 NDDP EBBRO 1.37.161
4 7 三浦 和樹 HFDP RACING F307 1.37.238
5 63 千代 勝正 BPダイシン ルボーセF305 1.37.370
6 37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 1.37.407
第6戦決勝結果/21Laps 2010.6.13 曇り/ドライ
1 8 小林 崇志 HFDP RACING F307 38.58.282
2 37 蒲生 尚弥 TDP SPIRIT F307 39.12.038
3 18 銘苅 翼 AIM-SPORTS F307 39.13.839
4 20 GARY THOMPSON ACHIEVEMENT by KCMG 39.15.994
5 19 黒田 吉隆 ACHIEVEMENT by KCMG 39.20.525
6 21 大波 肇 ACHIEVEMENT by KCMG 39.43.029
(ナショナルクラス上位6台抜粋)



富士チャンピオンレースFJ1600シリーズ第3戦

開幕戦から2連勝でポイントリーダーとなっているエクシズレーシング(ZMFメンテナンス)の渡辺選手が予選2番手。PPは2006年筑波シリーズチャンピオンでFCJ経験者のWATARU選手。決勝での逆転が期待されたが追いつけず2位となった。

2010 富士チャンピオンレースFJ1600シリーズ第3戦

2010.5.22 公式予選正式結果 晴れ/ドライ
1 72 WATARU NATS・IDI SK96 1.54.302
2 0 渡辺 義人 ZMFエクシズSK96ED関口 1.55.524
3 7 野村 大樹 WRS NOMURA SK96 1.56.034
4 11 麓 悠太郎 のりもの塾・リキモリ・マナティ 1.56.075
5 73 大岩 政裕 NATS・IDI SK96 1.55.632
6 23 松本 朋樹 TRS・MF105ED 1.57.111
2010.5.23 決勝正式結果 12Laps 雨/ウェット
1 72 WATARU NATS・IDI SK96 28.53.120
2 0 渡辺 義人 ZMFエクシズSK96ED関口 29.08.716
3 11 麓 悠太郎 のりもの塾・リキモリ・マナティ 29.12.579
4 73 大岩 政裕 NATS・IDI SK96 29.28.982
5 23 松本 朋樹 TRS・MF105ED 29.53.166
6 20 木村 貴洋 S-FJスカラシップFV95 29.56.166
※上位6台抜粋
全クラスSCスタート


F-4東日本シリーズ第2戦

GOLD ONスカラシップのルーキー服部選手がデビュー2戦目にしてPP獲得!
全日本カートからスーパーFJを1年で卒業し、今期からF-4へステップアップした服部選手。
今年度F-4の顔ぶれでは4輪の経験が最も少ない選手の一人であるが、その潜在能力を発揮してPP獲得。
決勝ではスタートミスで3位に後退し、一時2位に上がるもベテラン金井選手に抜き返され3位でフィニッシュ。経験の差を痛感した事だろう。
表彰台は開幕戦と同じ顔ぶれだった。

JAF地方 選手権F4東日本シリーズ第2戦・SUGO

2010.5.8 公式予選正式結果 Fine/Dry
1 8 服部 晃輔 GOLD ON ZAP 1.23.478
2 72 金井 亮忠 チームNATS・正義 056 1.23.553
3 80 藤原 弘学 ウインズギュイーン006 1.23.584
4 11 金子 昌広 ミスト萬店MAXレーシング東名 1.23.584
5 2 山口 大陸 エクシード006 1.24.232
6 97 鬼丸 健 ibfxMITA小川彩光006 1.24.954
2010.5.9 決勝正式結果 15Laps Fine/Dry
1 11 金子 昌広 ミスト萬店MAXレーシング東名 21.13.781
2 72 金井 亮忠 チームNATS・正義 056 21.13.973
3 8 服部 晃輔 GOLD ON ZAP 21.14.655
4 80 藤原 弘学 ウインズギュイーン006 21.14.892
5 2 山口 大陸 エクシード006 21.20.910
6 97 鬼丸 健 ibfxMITA小川彩光006 21.32.386
※上位6台抜粋


X’s Racing 渡辺選手開幕2連勝!

エクシズレーシング(ZMFメンテナンス)渡辺義人選手、FJ-1600富士シリーズにてポールtoウィン!ポールポジション獲得、全ラップリーダー、開幕2連勝のグランドスラムに、コースレコードを記録しての完全勝利。2位をなんと30秒も離して独走の優勝を飾った。

エクシズレーシングでは現在チーム員を募集中、FJ-1600富士シリーズ、筑波シリーズ、F-4東日本選手権シリーズに出場するドライバーを募集している。
>>お問い合わせはエクシズレーシングまで

富士チャンピオンレースシリーズ第2戦

2010.4.18  FJ1600公式予選正式結果 Shortコース Fine/Dry
1 0 渡辺 義人 エクシズレーシングSK96ED 1.51.058 R
2 7 野村 大樹 WRS NOMURA SK96 1.51.964
3 23 松本 朋樹 TRS・MF105・ED 1.53.044
4 11 麓 悠太郎 のりもの塾・リキモリ・マナティ 1.53.912
5 54 柿島 昭一 KRP SK91ED +HRF 1.54.726
6 20 佐々木通男 CSプランニング・FV95 1.55.114
2010.4.18 FJ1600決勝正式結果 Shortコース Fine/Dry
1 0 渡辺 義人 エクシズレーシングSK96ED 22.30.876
2 7 野村 大樹 WRS NOMURA SK96 23.03.178
3 11 麓 悠太郎 のりもの塾・リキモリ・マナティ 23.07.661
4 23 松本 朋樹 TRS・MF105・ED 23.09.206
5 55 加藤 雄一 のりもの塾・リキモリ・マナティ 23.27.217
6 20 佐々木通男 CSプランニング・FV95 24.00.235
FL: #0 渡辺義人 エクシズレーシングSK96ED 1.51.359 11/12 146.316km/h
※上位6台抜粋


X's(エクシズ)レーシング富士FJ1600開幕戦優勝!

X'sレーシング渡辺義人選手が予選3位スタートから、決勝では2位を18秒も引き離す独走で勝利を飾りました。ファステストラップも獲得し、ZMFのサーキットメンテナンス(セッティング)の能力を証明して頂けました。

スーパーFJ地方選手権シリーズ/FJ1600シリーズ第1戦

2010.3.14 公式予選正式結果(スーパーFJ/FJ1600混走) 晴れ/ドライ
スーパーFJクラス
1 48 松井 孝允 ジョージスピリッツKK-S 1.54.031
2 77 DRAGON B-MAX・KK-S 1.54.172
3 47 松井 宏太 RIRE RACING KK-S 1.55.501
FJ1600クラス
1 7 野村 大樹 WRS NOMURA SK96 1.58.298
2 54 柿島 昭一 KRP SK91 TEC ED 1.58.946
3 0 渡辺 義人 XS今治西タルト人SK96ED 1.59.834
2010.3.14 決勝正式結果(スーパーFJ/FJ1600混走) 晴れ/ドライ
スーパーFJクラス
1 48 松井 孝允 ジョージスピリッツKK-S 22.37.712
2 77 DRAGON B-MAX・KK-S 22.48.283
3 5 中嶋 修 ベンドWEST07J 23.12.868
FJ1600クラス
1 0 渡辺 義人 XS今治西タルト人SK96ED 23.32.202
2 11 麓 悠太郎 のりもの塾・マナティ 23.50.998
3 54 柿島 昭一 KRP SK91 TEC ED 23.53.142
BL: スーパーFJ #48 松井孝允/ジョージスピリッツKK-S 1.52.302(R) 146.273km/h
FJ1600 #0 渡辺義人/ XS今治西タルト人SK96ED 1.56.169 141.404km/h
※出走15台中各クラス上位3台抜粋