ZMF(ZAP SPEED MAINTENANCE FACTORY)は、F4マシン、S-FJマシンの製造販売、フォーミュラカーのレンタル&メンテナンス、S-GTヘのメカニック派遣などを行っております。

フォーミュラーカーヒエラルキー図

F-3(Formula-3,フォーミュラー3)


F-3 photo イギリス・ユーロ・全日本など、世界各国地域でFIAが定める統一のレギュレーションにより開催されている国際レースカテゴリー。日本においては全日本F3選手権として長年レースファンに親しまれている伝統のカテゴリーになります。
一級の実力を持つレースドライバーが集うことでも知られ、レベルの高いバトルが繰り広げられることがF3の大きな魅力。F1の世界で素晴らしい活躍を魅せているルイス・ハミルトンや中嶋一貴、ジェンソン・バトン、佐藤琢磨などは、このF3カテゴリーの活躍が認められて世界へステップアップを果たしています。
結果次第でF1&GP2、フォーミュラ・ニッポンやスーパーGTなどのトップカテゴリーへの道が開くこともあり、毎年、多くのファンから熱い注目を浴びているカテゴリーでもあります。年に一度、世界の各シリーズ上位のドライバーが集まり、F3の世界一を争うマカオGPが開催されます。
日本で開催される全日本F3選手権においては、08年から1世代旧型のマシンを使用し、ワンメイクエンジンを採用することで参戦コストが抑えられるF3ナショナルクラス(Nクラス)が新設され、より多くのレーシングドライバーが挑戦できるようになりました。

車両の特徴

全日本F3選手権で使用されるシャシーはこれまでラルト、レイナード、童夢等各種のシャシーが存在したが、現在ではイタリアのダラーラ社製の独壇場となっている。ベースエンジンは国内外のメーカー(ホンダ、トヨタ、ニッサン、メルセデスなど。年間2500台以上生産されているエンジンの使用がレギュレーションで定められている)が生産する2000ccクラスを採用している。なお、F1やGP2などの上位カテゴリーでは認められているセミオートマやカーボンブレーキなどの装備はF3では禁止されている。


F-4(Formula-4,フォーミュラー4)


F-4 photo FJ-1600とF3の中間を埋める存在として1993年に発足。日本独自に展開するカテゴリーながら、スーパーFJクラスで成績を修めたドライバーが次のステップとして戦うレースに当たります。
スーパーFJクラスに比べると、エンジンの大型化(1850ccクラス※2010年より2000cc)やモノコックボディの採用などで参戦コストは上がりますが、それに見合うだけの速さを得ることができるのが特徴。コスト軽減を意識したレギュレーションの採用のおかげもあり、限られた予算や体制であっても良績を残す可能性がある点も人気を集めている大きな理由です。東日本と西日本の2シリーズで各6戦が開催。
近年はステップアップを目指すレーシングドライバーに加え、個人でフォーミュラを楽しみたいというエンジョイ派ドライバーも増加中。若手とベテランが競い合う見応えのあるバトルで、ファンから熱い注目を浴びているカテゴリーでもあります。

車両の特徴

シャシーはF3と同じモノコック構造になるが、参戦コストを抑えるためにチタンなどの高価な材料を使用することは禁止されている。2009年まではホンダ・1850ccエンジンが採用されているが、2010年より排気量が2000ccに拡大する予定。


スーパーFJ(SuperFJ)


スーパーFJ photo 長年、日本のフォーミュラレースの入口を担ってきたFJ1600の代わりに、2007年に新たにスタートしたフォーミュラレースの入門クラス。

最も安価に挑戦できるフォーミュラをキーワードに、シャシーはクラッシュ時の修理が比較的容易な鋼管スペースフレームが採用されるなど、入門カテゴリーにふさわしい「コストを抑える構造」が採用されています。
エンジンは1500CCクラス(本田技研製)。
全国5地域(もてぎ、筑波、富士、鈴鹿、岡山国際、オートポリス)にてシリーズ戦が開催され、年末には各地のトップランカーを集めて日本一決定戦が開催されるスケジュールになっています。
毎年、明日の成功を夢見るドライバーの多くが挑戦するほか、全国各地のクルマ好きが気軽にフォーミュラレースを楽しめるカテゴリーしても高い人気を持っています。

車両の特徴

FJ-1600からエンジン&ミッションが変更され、新たに前後ウイングが付加された。また最低地上高が50mmになったほか、コクピットサイズが拡大されている。
■エンジン
本田技研製L15ASOHC1500ccに軽度のチューニングにより約120ps。
■ミッション
戸田レーシング製 TODA スーパーFJ 5速 レーシングミッション(Hパターン ドグミッション)。
■フレーム
鋼管スペースフレーム。側面は周円型の鉄パイプ構成。横方向からの衝撃を防護する構造を持つ。